痩せすぎまして誠に申し訳ございませんダイエット!

私は以前体重が90キロ近くありました。その頃はデブだのブタだの散々罵られておりましたが、現在は標準体重まで減量に成功致しました。その影響もあって、表情も以前に比べて自信に満ちていると評価されたり、久々に会う人には言われないと誰だか分からないと言われるようにもなりました。また着る服のサイズに関してもLからSに変化したため、以前着ていた服を処分せざるをえなくなってしまいました。

前置きが長くなってしまいましたが、私がどのようにして痩せたのかを今回こちらに記載致します。

結論から先に申し上げますと、糖質制限を1年近く続けた結果であります。
糖質制限とは糖類の含む食べ物をなるべく控え、その分をタンパク質で補っていくという食生活の改善です。例えば、みなさんは日常的にご飯やパン、またはラーメンやスパゲティなどの麺類を主食にしていると思います。しかし、これらは糖質が沢山含まれておりますので、これらは食べずに肉、卵などの動物性のタンパク質を含む食事に変えていきましょう。なぜ、糖質を摂取せずにタンパク質を摂取すればいいのかですが、それは糖質が体内で生み出すエネルギーと近い性質のエネルギーをタンパク質も生み出せるからです。
しかも、タンパク質が生み出せる糖質が生み出すエネルギーに似たものは太る性質を持ってないです。なので、痩せられると言うのが大きな理由です。ただ、ここで説明するよりも専門的に解説しているサイトの方が詳しくかつ正確に説明されていると思うので、こちらでは大まかな説明しか致しませんがご理解のほどをよろしくお願いします致します。
この糖質制限をおこなうことで少しずつですが、体重は落ちてきました。また、初めは主食が食べられなかったため苦労したりも戸惑ったりもしました。しかし、続けていくうちに主食を食べないことが習慣化して段々と慣れて来ました。はじめは大変だと思うので、夜だけ糖質を摂取しないなど限定してはじめてみるのも良いかもしれません。
ただ、時には人付き合いの中でお酒を飲んでしまったり、糖質を多量に含む食べ物を摂取してしまうことも多いとは思います。しかし、付き合いの中で完璧に遂行するのは無理があると思うので、なるべく糖質を摂取しない方向に持っていくのがベターなのかと思います。例えば飲み会の席では、はじめの1杯はビールで乾杯したとしても二杯目以降はビールは頼まず、糖質の含まれていないハイボールを飲むことをオススメします。また、おつまみに関しても糖質があまり含まれないからあげや枝豆などを中心にすれば糖質は抑えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です